アマゾン

アマゾンは地球上にある熱帯雨林の半分に相当する面積を持ち、「地球の肺」とも呼ばれ、現在発見されているだけで、約44,800種類の植物が濃密なジャングルを形成しています。その中には、漢方やハーブのように薬草として健康維持に利用される植物が多く含まれ、伝統的に用いられるもので8,000種類も存在していると言われています。
それら、薬草・薬木の中でも、ブラジル・アマゾンの原住民「インディオ」が古くから伝承し「聖木」として崇め、生活に取り入れてきたのがコパイバの木、そしてコパイバの中でも希少種と呼ばれる「コパイバ マリマリ」など厳選された商品をご紹介。