2017年春摘み紅茶ファーストフラッシュ クラシック

  • drink_makaibari_2017_spring_c

有機JAS認定ダージリン紅茶。グリニッシュな青々しい茶葉が印象的です。毎日飲んでいただけるスタンダードな紅茶がクラシックですが、今年は少ない生産量の中から日本向けに特別な量をつくってくれた貴重な紅茶です。オーガニックならではのまろやかさと、春摘みの爽やかでフローラルな香りがひきたち、初めてファーストフラッシュを飲まれる方にも飲みやすいと思います。

ファーストフラッシュとは?

春摘み:ファーストフラッシュ(3月中旬~5月中旬)
茶園が休園している12月~3月の4ヵ月の間、ダージリンの気温は高くなり、茶園の土は自然界のエネルギーを蓄えます。茶園が開園し春一番、その年最初に手摘みされたファーストフラッシュは、薄緑色で春らしい爽やかな味と香りがします。

クラシックとは?

一芯二葉(最上部とその下の2枚の葉)を手摘みした高級茶葉。
シルバーティップス、ヴィンテージが広大な茶園の限られた地区で作られた紅茶の名前であるのに対して、クラシックはそれ以外の地区で毎日茶摘みが行われ、製造された中で一番グレードの高い紅茶につけられた名前です。オーガニックならではのカドのないまろやかな味わい、そして味、香りともにはっきりしているのが特徴です。

マカイバリ紅茶のいれ方

  • 1.新鮮な水を沸騰させます。
  • 2.ティーポットとティーカップを湯で温めます。
  • 3.沸騰したての湯を、茶葉5g(二人分)に対し、500㏄~550㏄を勢いよく注ぎます。(電気ポッドは100度にならないので必ず火で沸かしてください。)
  • 4.ポットにティーコージー(茶帽子)をかぶせ、4~4.5分蒸らします。
  • 5.カップに紅茶を注ぎます。ティーカップが2客ある場合は、順番にすこしずつ注ぎ、色と味を均一にします。最後の一滴まで注いでください。
  • 6.ティーカップに注いだ後、2分ほど冷ましてからお召し上がりください。マカイバリ茶園の味と香りが一段と深まります。

マカイバリ茶園

マカイバリ茶園は1859年にインド西ベンガル州ダージリンに創立された、ダージリン地方で最も長い歴史を持つ茶園です。
1970年以降、670haあるマカイバリ茶園のすべての敷地は、マハトマ・ガンジーの無農薬農法、ルドルフ・シュタイナーのバイオダイナミック農法が取り入れられ、その後現在にいたるまで、マカイバリ茶園では約30年以上にわたり化学肥料を一切使わず、太陽・水・空気・土・動植物すべてが互いに関連・調和しあった環境の中で茶栽培を行っています。

商品詳細

商品名2017年春摘み紅茶ファーストフラッシュ クラシック(旧スタンダード)〈FTGFOP:高級〉
容量100g
原産国インド マカイバリ茶園
保存方法常温で保管
原材料有機 紅茶
販売価格(税別)
¥1,800
在庫状態
在庫有り
数量